鳩や害獣駆除対策~動物のすみ分けで安全LIFE~

一軒家

厄介な動物

作業員

北米原産のアライグマはもともと日本に野生で生息しているものはいませんでした。しかし1961年に愛知県犬山市で飼育下にあったアライグマが脱走し、のち1977年に隣接する岐阜県可児市でアライグマが捕獲されたことから、はじめて野性化したものとみなされました。 その後もテレビ番組での人気からペットとして飼育されていたアライグマが脱走したり、飼育しきれずに放された個体が野生化するケースが頻発し、現在では47都道府県で確認されるまでになっています。 これらのアライグマは農作物や家畜や建造物に対する被害から駆除の必要性が高い害獣となっています。また、実はアライグマ回虫、狂犬病など、人間に感染すると死亡するリスクもある病気のキャリアであるため、その危険性からも駆除が必要です。 同時に、野生化したアライグマは場合によって非常に攻撃的になることもあり、うかつに手を出すと咬まれて大ケガをする可能性があります。駆除の必要を感じた場合には最寄りの役所や駆除専門業者への速やかな相談が必須といえます。

アライグマは繁殖力が旺盛なので、今後もどんどん増えていって被害が大きくなってしまいます。 アライグマに悩まされているなら、業者に駆除の依頼をしましょう。アライグマのような厄介な動物を駆除してくれる、専門のサービスを行っている業者も存在します。利用すれば業者のプロの方が自分の代わりに専門の道具を使用してアライグマを駆除してくれるので、悩まされる事も無くなります。 アライグマの駆除サービスを行っている業者は沢山あるので、依頼をする場合は先に評判等を調べてから選ぶようにしましょう。